続・美人病

以前、美人病(顎関節症)の親友について
記したことがある。

彼女は本当にものぐさ。
滅多に連絡がない。
ものぐさに輪をかけて、
PCとプリンタを1年位前から所有しているくせに
ネット環境を未だに整えていない程。呆れる。
(だから「左利きの脳みそ」の中身を知らない)

そんな彼女から珍しく、本日メールが着た。
1ヶ月以上ぶりだな。
どうかしたのだろうと、予感的中。
「腹痛が酷くて昨日病院に行ったら
盲腸だった、即・手術。今日退院した」とのこと。


どれほど剃毛プレイされた?とか
休養中に読めるように笑えるコミックを貸すね、とか
傷口開かせてやるぞ作戦な返事をした。


しかし。
彼女は日頃、脱毛に対しては特に熱心なので
「この程度じゃ剃らなくて大丈夫だね」と
剃毛プレイは、セーフだったそうだ。
よかったね、こんな時に恥部付近の脱毛の成果が出るとは。
って、おい!
こっちが笑ってしまったじゃないか。

お大事に。
早く治してゴールデンタイムに遊びに来ないとね。



みなさん、ゴールデンタイムのブログもチェックワンツーして下さい。
ゴールデンタイム関係者、たくさん更新しましょう。頼むよ。
[PR]
by lefthandedcoconut | 2009-10-15 23:58 | touch
<< potato peeler しゅさい >>